絵のない絵本。ことばと音によるオリジナルステージ「おはなしらんど」のプラスドリーム

ことばと音によるオリジナルステージ「おはなしらんど」のプラスドリーム

2016おはなしらんどこどもたち6

2016おはなしらんどこどもたち6

月夜の晩に
子ども達、6回目のレッスンです。
今日のテーマは「深く深く、より深く」
このステージで伝えたいメッセージとは何か?

おはなしらんど2016こどもたち おはなしらんど2016こどもたち

ちかよ先生は子ども達に語りかけます。この舞台、「月夜の晩に」で何を伝えたいのか、その本当の意味を探していきます。

おはなしらんど2016こどもたち おはなしらんど2016こどもたち

今日のレッスンには尼崎先生もご一緒していただきました。先生は歌唱指導だけにとどまらず、演技に対しても熱く熱くご指導くださいました。

おはなしらんど2016こどもたち おはなしらんど2016こどもたち

おはなしらんど2016こどもたち

写真の中に出てくる白い敷物は「川」を意味します。今回のステージでとても重要な意味を持っています。
ちかよ先生とともに、この物語の深い意味を知った子ども達。ステージでそれをどのように表現するのか考えます。自分では表現している「つもり」だとしても実際には相手(お客様)には伝わらない!

リアリティな表現には、沢山の想像の翼を広げて、本当にその役になりきること、その気持ちになることが大事なのです。子ども達はその一つひとつを実際に試していきます。

おはなしらんど2016こどもたち
そして、自分でも納得がいったときにこの笑顔が出ました。

子ども達はどんどん進化していきます。
それは今の自分を超えていくこと。
自分の中にある、「恥ずかしい」という気持ち、「出来ない」という思い込み、「間違うかも」という不安な気持ち、いろいろな感情に向き合います。恥ずかしくてもじもじしていてはメッセージは伝わらないし、出来ないと思っていたら出来ません。間違ってしまうかもという不安な気持ちでは本当に間違ってしまうのです。

だから、本当に何かを伝えるためには自分の中にある不安要素をなくして前に進むしかありません。
そのために何度も試して、失敗して、試して、失敗して、
自ら自分の答えを探していきます。
只今進化中~

実は、子ども達が迷いながら、手探りで見つけていくその過程の中にこの物語の重要なヒントが詰まっています。誰もが持つ心の硬い部分に触れるような深い作品です。どうぞ子ども達の心からのメッセージを会場で受け取ってくださいね。


そして、今日も!
応援隊のみなさんしっかりサポートしてくれています。夏休み明けに各学校に向けて送られるおはなしらんどのチラシ発送作業、順調に進みました。
みんなで力を合わせて公演に向かっています。

おはなしらんど2016こどもたち おはなしらんど2016こどもたち おはなしらんど2016こどもたち

詳細についてのお尋ねはプラスドリーム事務局まで

連絡先:NPO法人プラスドリーム 
【事務局問い合わせ先】TEL080-3994-7555
★9:00~12:00は電話にて対応いたします。
※12:00~18:00は留守電となります。お名前、ご用件を残していただければ折り返しお電話いたします。メールでの対応も致します。メールもご利用ください。plus-dream2009@softbank.ne.jp

〒851-0122 長崎市界2丁目4-20
TEL080-3994-7555/FAX 095-813-8385
E-mail info@ohanashiland-plusdream.com

2016おはなしらんどこどもたち一覧に戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional