絵のない絵本。ことばと音によるオリジナルステージ「おはなしらんど」のプラスドリーム

ことばと音によるオリジナルステージ「おはなしらんど」のプラスドリーム

おはなしらんど2016長崎公演

おはなしらんど2016長崎公演

今年は「月」をテーマとした作品がラインナップ。
美しい舞台演出と、出演者一人ひとりの表現力が大きな力となり幻想的な世界観が形作られました。

オープニング~竹取物語

リピーターの皆さんから「毎年進化している!」と驚きの声をいただくおはなしらんどのステージ。

おはなしらんど2016長崎公演

作品の持つメッセージに寄り添い、ゼロの状態からイマジネーションを膨らませて作り上げる舞台。
その中で美しい音色を奏でてくれたのはピアニストの川田健太郎さんとヴァイオリニスト藤﨑美乃さん

竹取物語

大きな月をバックに、圧倒的な美しさを表現したのはバレリーナ平奈保子さん。息を飲むほど美しいかぐや姫が月をバックに踊ります。

おはなしらんど2016長崎公演
かぐや姫が月に帰るシーンでは「アヴェマリア」が使われました。

おはなしらんど2016長崎公演

おはなしらんどだからこそできる、言葉と音楽の生演奏、そして踊りで魅せた切ないかぐや姫の物語でした。

おおきなかぶ

おはなしらんど2016長崎公演

大きなかぶを「月」のようなまん丸の風船に見立ててサプライズ演出。

【ポン!】という抜けた音の後に2階席から3つのかぶが落ちてきました。

とっても楽しいステージに大人も子どもも大喜び♪
巨大風船はロビーに飾られ、多くのお客様が帰り際についついタッチしていました!!

おたのしみステージ

息もぴったり、お二人のハイクオリティな生演奏。身体じゅうで音を感じるとっても贅沢な時間となりました。

おはなしらんど2016長崎公演

お二人からはとっても素敵なコメントをいただきましたのでこちらでご紹介しています。

月夜の晩に

そして、子どもたちのステージ「月夜の晩に

おはなしらんど2016長崎公演

おはなしらんど2016長崎公演

子どもたちが9回の練習の中で自分で選んで自分で見つけた答えをストレートに堂々と表現しました。

このステージでは大人の合唱団も登場しました。
プラスドリームが伝えたかったのは
「怒りや悲しみを乗り越えて、人と人が手を携えて生きていくこと」
それは長い事抱えていた執着を手放してその先の未来に向かって歩き出す事、
それこそが「幸せ」なんだ!というメッセージ。

♪♪光に向かい行こう♪♪
♪♪前に歩いて行こう♪♪
脚本、音楽、舞台演出、すべてゼロから作り上げ、子ども、大人一体となりました。

心が突き動かされるステージとなりました。

エンディング スマイルスマイル

おはなしらんど2016長崎公演
最後は誰もがハッピーになれるスマイルスマイルで。

ではまた来年お会いしましょう!!!
おはなしらんど卒業生、夢ちゃんが当日の舞台裏をレポートしてくれました。以下の動画でお楽しみいただけます。↓

★長崎公演の様子がメディアで紹介されました。↓

おはなしらんど2016長崎公演
↓以下、出来立てほやほやのプログラムより理事長からのメッセージとアーティストプロフィールです。ぜひご覧ください!

おはなしらんど2016長崎公演

おはなしらんど2016長崎公演

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional